ブログ

2017年01月05日

パイプハウスのアーチパイプの間隔と強度についての関係について

農業用ビニールハウス

農業用ビニールハウス・パイプハウスの専門店モリシタの森下幸蔵です。

http://www.morishitahouse.jp/contents/products.html

 


パイプハウスのアーチパイプの間隔と強度についての関係について

 

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%af%e9%96%93%e5%8f%a36%ef%bd%8d%e7%a6%8f%e4%ba%95%e5%b8%82s%e6%a7%98

 

間口巾が同じパイプハウスの場合、アーチパイプの間隔が狭い報が強度が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

では、パイプハウスのアーチパイプの間隔を50cmから45㎝にした場合、ハウスはどのくらい強度があがるのか。
強度は、単位面積当たりのアーチパイプ数(フレーム数)で決まります。

 

 

間口が同じハウスならば、奥行1.0mあたりのアーチパイプ数で比較してみましょう。

アーチパイプの間隔が50cmの場合 … 100cm÷50cm=2
アーチパイプの間隔が45㎝の場合 … 100cm÷45㎝=2.22
2.22÷2=1.11

 


ゆえに、アーチパイプの間隔を45㎝にした場合は50cmのときに比べて1.11倍強度が上がります。

 

 

 

また、40cmにした場合は、 100cm÷40cm=2.5
2.5÷2=1.25

 

ゆえに、アーチパイプの間隔を40cmにした場合は50cmのときに比べて、1.25倍強度が上がります。

ざっと計算すると以上のようになります。

 


 

動画で分かりやすく説明しました。

 

https://youtu.be/y0augUIU09o

 

 


 

県HPバナー-01

 

株式会社モリシタは、「2018年福井しあわせ元気国体・福井しあわせ元気大会」を応援しています