ブログ

2015年08月30日

農業用フィルムを使用した「ポリッドスクリーン」で空中に立体映像を映写できる

農業資材

農業用ビニールハウス(パイプハウス)の専門店モリシタの森下幸蔵です。

https://www.morishitahouse.jp/contents/about.html

 

 

 

イーンスパイアの横田秀珠氏のセミナーが9月7日に福井県勝山市で開催されます。

http://yokotashurin.com/etc/seminar201507.html

 

 

IMG_1749

 

 

今回は、お客さまがリピートする仕組みづくりのセミナーです。

毎回、ハンばない数の事例を紹介していただくのですが、今回もおもしろそうです。

 

 

勝山商工会議所さんの主催です。詳細についてはこちら↓

http://www.katsuyamacci.or.jp/seminar/cate_seminar/entry-277.html

 

 

 


 

 

さて、本題です。

 

 

農業用フィルムを使用した「ポリッドスクリーン」で空中に立体映像を映写できる

 

 

https://youtu.be/CucoyNj_AS8

 

 

 

 

スクリーンは農業用ビニール 空中に立体映像

 

 

先日、イーンスパイアの横田代表からこちらの苫小牧民報社の記事を教えていただきました。

 

本記事はこちら → http://www.tomamin.co.jp/20150828683

 

 

この記事を要約すると、下記のようになります。

 

『苫小牧駒沢大学国際文化学科の学生が、農業用ビニールハウスの資材を使って映像を映し出す透過スクリーン「ポリッドスクリーン」を製作した。

 

ポリッドスクリーンは透明フィルムのため、映写した映像が立体的に見える。しかも材料費が安価で済む。

 

上映会を開いて、学生や一般の人たちにポリッドスクリーンに映し出された映像を見てもらったところ、「すごい」「見たことが無い」などと絶賛された。

 

同大学の指導教授には、今後、苫小牧の中心部で上映するなどして、まちづくりに関わっていきたいと語った。』

 

 

 


 

 

ポリッドスクリーンの材料

 

 

 

ポリッドスクリーンのことを調べました。

 

動画のことは動画に聞け!ということで、YouTubeで関連動画を見てみました。

 

 

https://youtu.be/R9ZEfyJSkXg

 

 

この動画によると、材料は農業用ポリエチレンフィルム(業界では、略して「農ポリ」と呼んでいます)と矢崎化工のイレクターパイプです。

 

いずれも、少し大きなホームセンターに行けば手に入るものです。

 

しかも、農ポリは農業用フィルムの中では最も安い資材です。材料費が安価で済むのも納得です。

 

2枚のフィルムの間隔とスクリーンの縦横の寸法が分かれば、だれでも簡単に作れそうです。

 

 

YouTubeで「ポリッドスクリーン」と検索すれば、初音ミクちゃんの立体映像は見れますが、

 

一度、野外でポリッドスクリーンに映し出された立体映像を見てみたいですね。